item4

『山いちじく』奈良市:谷村照子

BlueBrushright
BlueBrushright

右をクリックしてページをめくります

左をクリックしたらページが戻ります

『もくじ』へ戻るには →ここ

BlueBrushright

 花托が壷状に肥大化してその内壁に白い小花を多数つけるのですが、外からは見えないことから『無花果』の字が当てられていますが、別に『一熟』の字もあります。

 実が一月で熟すこと、あるいは一日一個熟すことから『イチジュク』と呼ばれていたものが、転訛して『イチジク』となったとのことです。

 年に二度実り、前年に着生して越冬した小果が7月に熟すものを夏果といい、春に伸びた新しい枝に付いた実は8月〜10月にかけて熟し、これを秋果と呼んでいます。

 また、脳の栄養素である糖分を多量に含んでいることから「知恵の実」とも。

item7a item7