『加茂ナス』奈良市:谷村照子

 ナスの名の由来は実が良くなることからの「成す」が通説で、そのことからお正月の初夢縁起物の「一富士、二鷹、三茄子」と、三番目に登場するのですねぇ。が、平安中期のころの『倭名鈔』には、中酢美(なすび)と書いて、その味やや酸味ありと解説されているとのこと。

 江戸のころ品種分化が進んで、丸いもの、扁平、曲がったものや長いものと形も色々なら、色も黒紫色、紫色のほか青色、白色とあり、外国には緑色、黄色、縞模様と、色とりどりのナスがあるそうです。

 歴史の古い果菜なのでご当地ナスも数多くあり、岩手県の南部長ナス、秋田県の川辺長ナス、埼玉の真黒ナス、愛知の橘田ナス、鹿児島の指宿ナスが有名です。泉州(岸和田)の水ナスは、この賀茂ナスによく似た色形で見間違えるほどです。

BlueBrushright
BlueBrushright

右をクリックしてページをめくります

左をクリックしたらページが戻ります

『もくじ』へ戻るには →ここ

BlueBrushright
img406
 
item3 item7