『こいのぼり』 奈 良市: 谷村照子

BlueBrushright
BlueBrushright

右をクリックしてページをめくります

左をクリックしたらページが戻ります

『もくじ』へ戻るには →ここ

BlueBrushright
item1

 立身出世に必ずくぐらなければならない門を、無事登りきることを願って掲げたものです。  

 元は真鯉(黒い鯉)のみだったものが、明治のころから真鯉(まごい)と緋鯉(ひごい)の対で揚げるようになりました。昭和になってからは家族を表すものとして子鯉(青い鯉)を添えた物が主流となったのですが、平成ともなれば鯉幟も母子家庭が主流なんでしょうか、この絵は大きく成長した我が子を慈しんでいるようで、実にほほ笑ましいですね。

item7a item7