img003

『おだまき』奈良市:谷村照子

 別名の「糸繰り草」からも想像できるように、花が 苧(お)という植物の繊維を糸にしたものを、玉いた様に似ていることからついた名で「おだままき」が「おだまになまったとのこと。「苧環」という漢字が当てられています。

 色は多数りますが、よく見るのは青紫のもの。キンポウゲ科の多年生草で、ミヤマオダマキという高山植物の園芸品種。

item7a item7

右をクリックしてページをめくります

左をクリックしたらページが戻ります

『もくじ』へ戻るには →ここ

 
item7a item7