img247

『おかめひょっとこ』奈良市:谷村照子

 正月の縁起物で、その縁起は田楽(里神楽)にあるとのこと。 『おかめ』は室町時代の神楽を舞う巫女『阿亀』に由来し、『ひょっとこ』は東北地方で竈の神を『火男』と称していたものが訛ったのでは、との説が一般的ですがそうでしょうか。

 火男は火男としても竈の火でなく、たたら製鉄の炉を吹く火男では。どう見ても安来節のどじょう(元は砂鉄)すくいの男と似ていますでしょ。

 口を窄めて突き出す仕種は、神に反抗する饒舌な精霊の役で、嘘吹く姿を実に見事に表現していると思いませんこと〜〜(洋)

BlueBrushright
BlueBrushright

右をクリックしてページをめくります

左をクリックしたらページが戻ります

『もくじ』へ戻るには →ここ

BlueBrushright
 
item7a item7