一刀彫『』奈良市:谷村照子

 まさか一刀両断の元に掘り上げるから一刀彫なんてことはないですよね。でも、鑿一本で彫るから一刀彫とは、まことしやかに語られるところの一刀彫。その彫りの工程は、絵付け後のこぎりによる「木取り」に始まり、木槌とたたきのみで「荒彫り」をします。この工程が一刀彫の形の元となり、彫りの勢いが求められるところです。

 一刀一刀精魂込めて荒彫りされたものに、バランスを整えを彫り進める「中彫り」という工程を経て、彫刻刀などを使って細部を現し、最後に顔を仕上げる「彫り上げ」にて(彫りは)完成。

 彩色も準備から仕上げまで5工程を経て完成と言うから、荒々しさが命の一刀彫なんですが、子細に手が加えられてこそのものとか。

BlueBrushright
BlueBrushright

右をクリックしてページをめくります

左をクリックしたらページが戻ります

『もくじ』へ戻るには →ここ

BlueBrushright
img675
 
item7a item7