img252

 山陰からオホーツク海までの日本海に広く分布しているとされるズワイガニなんですが、実は銚子以北の太平洋側にもいて、 福島県相馬市などでまとまった量が水揚げされています。

 なかでも有名なのが、香住沖の松葉ガニと越前沖の越前ガニです。通常水深200m~400mの海底にいますが、一説に深場の蟹の方がうまいとあります。で、その400mの魚場への距離はというと、越前港からならおよそ100㎞。香住港からだと、その倍の200㎞はあるようです。ということですから、香住沖の魚場の深さは2〜300mなんでしょうね。

 なもんで、越前ガニ(漁師)が「おラッチの方がおいしいだす」と申しておるようです。して、北陸産には画のように甲羅に黒い点(シーライスという海蛭の卵)が付いている事が ありますが、これがたくさん付いている方が脱皮から時間が経っているので身の入りが良いとれています。

 脚の割に頭が小さいという意味で頭矮(ずわい)と呼ばれるようになったとか、脚が細長いことから若い小枝意味「ずわえ」と呼ばれ、これがなまったものとも言われています。

BlueBrushright
BlueBrushright

右をクリックしてページをめくります

左をクリックしたらページが戻ります

『もくじ』へ戻るには →ここ

BlueBrushright

『越前ガニ』  良市: 谷村照子

 
item7a item7